各話ネタバレ

【チンジャオ娘】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|第8話ネタバレ

チンジャオ娘×小桜クマネコの待望の最新作☆

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】


前作の【ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして】を

超える大ヒット作となっております♬

今回は父娘の禁断の近親相姦セックスが最強にエロすぎて・・・♡

勃起とオナニーが止まらないw

今すぐ淫乱父娘セックスのぞき見する・・・?

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話

第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて

コンドームちんちんも良いけど・・・

やっぱり中出しセックスが最高に気持ちいい♡

やっぱり中出しセックスが最高

陽葵「じゃぁ、次はお父さん!早く早く!」

父・俊樹「待て・・・今コンドームを」

ビクビク痙攣してるチンポにコンドームを付けようとする。

陽葵「いいよ!もう!そのままヤっちゃおう!中に出して欲しいし」

父・俊樹「お・・・おう」

 

ずちゃずちゃ・・・!

 

陽葵「はぁぁ・・・気持ちいい!」

父・俊樹「ぬぅ・・・!」

陽葵「あっ・・・横の態勢気持ちいい!穴の中の横側が擦れてるぅ」

 

ぐいぐいっ・・・

 

父・俊樹「もっと強くするぞ!」

陽葵「うん・・・変な感じ・・・ジェットコースター乗ってるみたいっ・・・」

父・俊樹「やめるか?」

陽葵「いや・・・うん、もっとやって!お父さん!私も何かやる?」

父・俊樹「親孝行な娘だな!乳首でも弄ってろ」

俊樹にそう言われ自分の乳首を弄り始めた陽葵。

 

陽葵「あう・・・♡気持ちいい!お腹の中もグリグリされて・・・!」

父・俊樹「あ・・・俺はもうダメだ!出るっ・・・」

 

ビュルルッ…ビュルルッ…!

 

そう言うと俊樹は陽葵のナカに思いっきり射精した。

陽葵「お父さん、だいぶ疲れた?」

父・俊樹「お前は元気なのか?」

陽葵「元気だけど・・・もっとヤリたいくらい」

父・俊樹「俺はジジイなんだから勘弁してくれw」


セックスレスの妻と数年ぶりに

家族3人で食事していると・・・

母「ねえ、今日は一緒に寝ない?久しぶりに♡」

母が俊樹に向かってそう言った。

父・俊樹「・・・・」

気まずそうな表情をして、ご飯をモグモグ噛む俊樹。

そして、両親の会話に赤面して話を聞く陽葵。

 

そして、夜。

俊樹が部屋に入ると妻が下着姿で待っていた。

妻「どうしたの?早くしましょ」

妻の裸を見るのは久しぶりだった。

陽葵とよく似た尻のカタチだが、明らかに肌のハリが違っていた。

妻とのセックスは前戯がないので

コンドームを装着し、ローションを塗って挿入した。

 

ぱんぱんぱんぱんっ・・・!

 

妻「・・・・」

俊樹「・・・・」

ひたすら無言のセックスだった。

決して気持ちよくないワケじゃない。

だが、どうしても陽葵とのセックスを比べてしまっている。

 

俊樹「こんな感じの強さで大丈夫か?」

妻「ええ・・・」

俊樹「もっと奥にいれるぞ」

妻「ええ・・・」

 

ぱんぱんぱんぱんっ・・・!

 

妻「あなた、なんか昔より・・・なんでもないわ。それより私の抱き心地はどうなの?」

俊樹は久しぶりに抱いた感想を言おうと口を開いた。

 

気になる続きは本編で♬


△BookLive!コミックで独占配信中△ 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第7話 感想

ついに・・・

俊樹と妻のセックスシーンが___!

いつか、漫画の中で描かれるんじゃないかって期待してましたw

あの冷え切った無言のセックス・・・

淡々としてるんだけど、なんかエロいw

久しぶりの妻とのセックスに興奮しちゃったんじゃない!?

 

そして、今夜両親がセックスするのかも・・・て勘付いてるはずの陽葵。

どんな気持ちで夜を明かしたんだろう。

私だったら嫉妬で夜眠れないだろうなw

▽1話88円の安心価格▽


▲画像タップで無料試し読みへ▲